株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

メインフレームの維持費用の30%以上を占めると言われる月額ライセンス料金(MLC)ですが、皆様におかれましては、適正な額であると納得されておられますでしょうか?

近年ではMLCが年間数%値上がりする傾向にあることから、ますますお客様自身がパフォーマンスとキャパシティを見える化して正確に把握し、コントロールしていくことが求められます。

ソフトプレックスでは、zIIPと併用することでソート業務のパフォーマンスを95%以上改善してくれる『MFX/ZPSaver』と、CPUに負荷を掛けずにキャパシティ分析をしてくれる『EPV』により、お客様のMLC最適化とキャパシティ管理の両立をご支援いたします。

この2製品につきましては、導入実績が増えるにつれお客様の事例も多数出てまいりましたので、本セミナーにおきまして、実際に2製品をご使用いただいているお客様のSMFデータを用い、使用前・使用後でどれだけ改善されたかをデモを交えてご紹介させていただきます。

MLCを適正化し、CPUコスト削減を実現したいお客様は、ぜひ本セミナーにご参加ください。

紹介製品

Syncsort MFX for z/OS

高パフォーマンスなソートユーティリティです。低コストで高速なソート性能とシステムスループットを実現できます。

ZPSaver

Syncsort MFX for z/OSのアドオン製品です。zIIPプロセッサを活用し、Syncsort MFXと組み合わせることで、ソート処理、コピー処理をオフロードし、GCPのCPU時間を大幅に削減可能です。

EPV

ホストリソースを使用しないz/OSキャパシティ管理ツールです。多様なレポートでz/OSで稼動する全てのワークロードを可視化します。レポート作成の専門知識がなくてもWebブラウザから簡単にレポート作成可能です。

セミナー詳細

タイトル

MLC最適化の実績とキャパシティ可視化の実現

開催日時

2018年5月30日(水) 15:30~17:00

受講対象

IBM Zの運用、開発、管理、企画に関わる方ならどなたでも

開催会場

株式会社ソフトプレックス 東京本社

参加費

無料

 【お申し込み方法】

下記事項をご明記の上、sales@softplex.co.jpまでご連絡ください。

・参加希望セミナータイトル
・会社名
・出席者ご氏名
・メールアドレス
・ご連絡先お電話番号