SoftPlexはIBMメインフレーム向けの優れたソフトウェア及びプロフェッショナル・サービスを提供しております。

XINFO製品に、モジュールの生死判別ができるようP-Tracker製品のインターフェースを加えた、IT資産の相関関係を可視化するソリューションです。モジュールの稼働状況が確認出来る一覧表の作成が可能です。

古くからシステムに存在するモジュールはモジュールの内容や影響範囲が不明なことが多く削除可否の判断が難しいです。SmartDOAで収集したデータに基づいて生死判別を行うことで、不要なモジュールの削除が可能です。システムリソースの最適化はパフォーマンスの向上につながります。

 

SmartDOA 相互関連イメージ

関連するリソースの相互参照が実現できます。

 

SmartDOAソリューションの処理概要(サンプル)

【日次処理】(常駐タスク)   【任意の処理】
P-Tracker稼働   XINFO 資産のDB作成

モジュール稼働状況をモニタリング

モジュール稼働結果レポート作成

モジュールスキャナー実行し、LOADデータをDB2へ格納

 

P-Trackerデータ加工処理を実行し、データをDB2へ格納

 

 

モジュール生死判別データ一覧作成
※DBの情報は処理時点のデータとなります。

P-Tracker データ・サマリー例

モジュールごとに稼働回数を集計

 

モジュールごとの最終使用者に集約

 

XINFO DBへの分析データの取り込み

 

XINFO SmartDOAデータ例 (稼働回数)

 

XINFO P-Trackerデータ例 (最終使用者)

 

XINFO モジュールデータ例 (モジュールメンバー一覧)

 

XINFO SmartDOA モジュール生死判別データ例

モジュールごとに稼働回数、最終使用者、最終使用日付、JOB名の情報が付加されている。
稼働実績がないモジュールは、「——」と表示される。

 

ソリューション活用例

  • システム変更時の影響分析にかかる影響調査工数の削減
  • ドキュメント作成の簡易化
  • IT資産の可視化に伴う保守業務の属人化解消

 

お問い合わせ

御社名
お名前
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須
ご希望の連絡方法 メール電話Webミーティング

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「上記内容で送信する」ボタンをクリックして下さい。

確認