株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

セキュリティ管理担当者、監査担当者の業務を効率化するためには、複数システムに分散しているRACFデータベースの情報を一元管理し、分析できる環境が重要です。

Beta88 (beta access)は、z/OSのセキュリティを強化するためのRACF支援ツールです。効率的かつ簡易にRACF設定(IDの追加やREVOKE、プロファイルの権限追加、削除、変更等)が可能です。また、RACF関連情報の検索やバッチレポートの作成ができるほか、監査にも対応し、RACF管理者の負担を軽減させます。

主な機能

監査対応

  • RACF SMFレコードを入力とした様々なイベントを監査
    ―アクティブなSMF DSを入力としたタイムリーな監査、DUMPを入力とした過去に遡った監査の両方が可能
  • 違反ユーザーの検索
  • RACFコマンド実行履歴とRACFプロファイルのタイムスタンプからRACF定義の変化を追跡
  • 複数のRACF DBを解析
  • RACF定義の世代管理により以前の定義との比較が可能
  • RDF機能(RACF Drill Down Facility)
    ―WindowsクライアントでRACF定義を閲覧
    ―レポートをCSV形式に変換

管理業務の効率化

  • 見やすく操作性の高いRACF管理画面を提供
  • パネル操作でRACFコマンドを自動生成
  • 定義の複製や一括更新、期間を指定しての権限付与
    ―Beta88でのRACF定義検索例
     ・ユーザー、グループ、リソースプロファイルの検索
     ・ワイルドカードを使用した検索
     ・管理者(オーナー)別の検索
     ・属性の有無による検索
  • Timed Command機能
  • 複数LPARのRACF定義を単一インターフェースで管理
  • Web Helpdesk機能によってWebブラウザ経由で簡易なRACFユーザー管理ができる
    ―z/OSに習熟していなくてもパスワードのリセットやユーザー名の変更等が可能

動作環境

  • z/OS