SoftPlexはIBMメインフレーム向けの優れたソフトウェア及びプロフェッショナル・サービスを提供しております。

パフォーマンス分析担当者やシステム管理部門へ、自社のシステム構成、システムのリソース使用率とワークロードの完全なビジョンを適切な方法で提供するツールです。zアーキテクチュアに基づいたレポートを作成します。

キャパシティ管理の重要性

パフォーマンス改善のために、最適なキャパシティ・プランニングを立てられていますか?
キャパシティ管理が十分でなく、問題に対する手当てが遅れたり事後処置が不十分だと..

  • エンドユーザー向けのサービス低下
  • システム停止
  • 障害原因不明のままの同一障害の多発
  • 業務量の増加に伴うMSUコストの増加
    などの影響が発生します。

より複雑でユーザー数も多い環境では管理情報の可視化などIT運用管理の効率化が重要になってきています。

 

キャパシティ管理ソフトに求められる性能

  • 低いCPU使用率でレポートの作成を行いたい
  • プログラミングなどの専門的なスキル、技術習得によるワークを必要としない
  • 一目でわかる可視化されたレポートを作成したい
  • テレワーク/リモート勤務など場所を問わず、キャパシティ管理を行いたい

⇒これらの性能をEPVでは実現します

 

EPVの特徴

ホストリソースを使用せずレポートを作成
SMFデータをWindows上のEPVに読み込ませるだけでレポートを自動で作成

  • SMFデータの加工処理からホスト上のCPU負荷を解放
  • CPUの空き状況を気にせず、好きな時間帯にレポート処理が可能
  • レポート作成は自動化可能
  • Windows、Linux、Unix等、多様な動作環境
  • z/OS環境に導入は不要

共有しやすいHTMLレポート形式

  • レポート作成のための専門的なプログラミング知識・ワーク不要
  • 全てのレポートはワンクリックでExcelにエクスポート可能
  • EPVから出力されたHTML表、グラフを社内サーバーに置くことでいろいろな部署、役割の人から共有し、リモート会議を行うことも可能

700種類以上もの豊富なレポート種類

  • EPV社の30年にわたるノウハウが蓄積されたレポート
  • z/OSの新技術にも随時対応
  • しきい値違反や定義変更を自動的に警告

 

EPVの主なレポーティング機能

  • 4時間経過平均のMSU使用量(レポート月平均、年平均、LPAR単位、グループ単位)
  • エクセプションレポート(しきい値設定による問題箇所の指摘)
  • スループットレポート(CICS、IMS、バッチ関連)

 

 

 

 

動作環境

ホスト環境
z/OS環境に導入は不要です

入力データ
標準レポート作成時に使用

 


 

EPV for DB2

EPV for Db2はDb2に特化したキャパシティ管理ツールです。Db2サブシステムのチューニングのための指針となる重要な情報をレポーティングします。

主な機能

  • Db2サブシステムに影響を与える可能性のあるDb2の重要なイベントを可視化
  • Db2のCPUオーバーヘッド、仮想メモリの使用量、ロギングアクティビティ、Db2のプール、デッドロックとタイムアウトを分析するためのDb2のリソース使用率のビューを提供
  • プラン、AUTHID、トランザクションおよび各接続タイプのパッケージの分析において、シスプレックスのバランスを確認するためにデータ共用グループから開始してDb2ワークロードを可視化
  • Db2のパラメータと設定、変更内容についての詳細なレポートを提供
  • プロアクティブなチューニングの活動をサポートするために日次および月次のトレンドを報告

レポート項目

  • Exceptions
  • Critical Events
  • Configuration
  • System AS
  • Resources
  • EDM Pools
  • BP/GBP Pools
  • Workloads
  • User
  • Daily Trends
  • Weekly Trends
  • Monthly Trends
  • User Trends

導入効果

  • システムリソースの増強、削減の意思決定を行うためのレポート作成作業の時間を短縮
  • 不要なキャパシティの費用を削減

動作環境

OS: z/OS

お問い合わせ

下記の入力フォームに必要事項をご記入ください。

御社名
お名前
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須
ご希望の連絡方法 メール電話Webミーティング

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「上記内容で送信する」ボタンをクリックして下さい。

確認