株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

Db2 SQL呼び出しのリターンコード(SQLCODE)は、Db2がバージョンアップするたびに追加変更されます。Db2アプリケーションが新しいSQLCODEを処理できない場合、予期せぬ不具合を引き起こす可能性があります。そのような時、アプリケーションを修正しなければなりません。

Policy-1はDb2アプリケーション内のSQLエラー処理を、アプリケーションプログラムの変更をせずにコントロールする製品です。

Db2リターンコード管理の課題

リターンコードを処理するアプリケーションコードを作成することは、プログラマーにとって時間と生産性を損なうタスクです。アプリケーションプログラムコードの最大80%は、例外や特殊なケースを処理するように記述されている場合があります。

Db2リターンコードには頻繁に発生するもの(SQLCODE = +100:表の終わり等)と、まれにしか発生しないもの(SQLCODE=-913:自動ロールバックを伴わないのデッドロックまたはタイムアウト等)があります。アプリケーションのコードでは、Db2が返す数100のリターンコードコードの内、10%程度の頻繁に発生するリターンコードはチェックされますが、まれにしか発生しない残りの90%のリターンコードはチェックされない可能性があります。

アプリケーション処理の通常の過程では、これは問題ではありませんが、まれにしか発生しないリターンコードが返る場合、本番環境への影響は大きくなる可能性があります。

レガシーアプリケーションには、まれにしか発生しないリターンコード処理の多くが省略されています。考えられるすべてのリターンコードをチェックするようにすべてのアプリケーションを修正することは不可能です。ソースコードにすぐにアクセスできる場合でも、考えられるすべてのリターンコードのテストはプロジェクトとして承認されません。

 

Db2リターンコードの集中管理

Policy-1は、オンラインとバッチ両方のDb2アプリケーションに対応する、強力なリターンコードチェックユーティリティです。プログラムを変更することなく、簡単に実装できます。

Policy-1は、各Db2呼び出しのリターンコードをチェックし、テーブル駆動型メカニズムを通じて、定義された「ポリシー」に従って動作します。リターンコードに応じ、ポリシーごとに、何もせずに処理を継続させたり、リターンコードレポーティングしたり、ABENDさせることが可能です。

Policy-1は、アプリケーションコードを変更または再コンパイルすることなく、これらの機能を実現しました。必要に応じて、ツールを非アクティブ化でき、アプリケーションに影響を与えることはありません。

Policy-1を使用すると、開発者はDb2リターンコードを処理するために必要なコードを追加、またはテストする必要がなくなります。アプリケーションコードで処理されない、あまり頻繁に発生しないリターンコードの潜在的な悪影響にさらされることがなくなります。

Policy-1は、インストール標準に従ってすべてを処理および適用し、アプリケーションにコード化された既存のリターンコード処理に統合します。アプリケーションに余分なコードを記述せず、テストすることなく、特定の各Db2リターンコードを均一に処理できるようになります。将来、新しいリターンコードが新しいDb2バージョンに追加された場合、Policy-1のアクションテーブルにエントリを追加するだけで、すぐに新しいリターンコードをサポートします。

 

導入効果

  • SQL呼び出し用のバッチ、CICS、およびIMS/TMプログラムの共通リターンコード処理を定義および実施できるようにします。
  • エラー状況を処理するためにアプリケーションコードを記述してテストする必要がなくなります。
  • 考えられるすべてのエラーコードが考慮され、「処理」される準備ができていることを確認します。
  • Policy-1を使用すると、すべてのアプリケーションは、新しいバージョンのDb2の新しいリターンコードに関して上位互換性を持つことができます。

 

主な機能

  • アプリケーション・プログラムを変更せずに、TSO、CAF、RRSAF、CICS、およびIMA/TMでDB2SQL呼び出しをサポートします。
  • 特定のリターンコードに対するユーザー定義のポリシーに基づき、次のことを実行できます。
    - SQL呼び出しからのリターンコードがゼロでない場合は、WTOを発行します。
    - 特定のDB2戻りコードを別のユーザー定義のリターンコードに置き換えます。
    - 定義されたインストール標準に従ってタスク/プログラムを異常終了します。
    - エラー状況をさらに処理するためにサブルーチンを呼び出します。
    - ゼロ以外のSQLCODESをPolicy-1ログテーブルに文書化します。
  • アプリケーション・プログラムを変更することなく、新しいDB2リリースによって導入された新しいリターンコードをサポートします。
  • アプリケーションにすでにコード化されているリターンコード処理に統合します。

 

動作環境

  • z/OS v1.7以上
  • Db2 v10,v11,v12における全てのモード
  • 静的SQL
  • CICS、IMS/TM、IMS/BMP、バッチ

 

本製品に関するお問い合わせ

下記の入力フォームに必要事項をご記入ください。

御社名
お名前
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須
ご希望の連絡方法 メール電話Webミーティング

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「上記内容で送信する」ボタンをクリックして下さい。

確認