株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

Syncsort MFX for z/OSは、高パフォーマンスなソートユーティリティです。

高速かつ最も効率的なソート

mfx02Syncsort MFX for z/OSを導入することで、低コストで高速なソート性能とシステムスループットを実現できます。

  • リソース消費を最適化
  • 高度なシステム機能を活用
  • 経過時間を短縮するために動的に並列処理を見直し
  • CPU時間を30~40%削減
  • エラップス時間を20~40%削減

 

zIIPへオフロード

アドオン製品のZPSaver Suiteを使用して以下の処理をzIIPプロセッサへオフロードすることで、低コストで高速なソート性能とシステムスループットを実現できます。

mfx01コピー処理
IEBGENER、ICEGENER、SORT COPYをオフロード。

圧縮処理
SMSコンプレスをオフロード。

ソート処理
ソート処理をオフロード。

革新的な製品開発の歴史

Syncsort MFX for z/OSは、45年以上一貫して革新的な製品開発投資を継続しています。

Syncsort 機能 DFSORT タイムラグ
zHPF Exploitation
(zHPF開発)
2014  
Create & E-Mail PDF, RTF, HTML Files
(E-Mail PDF、RTF、HTML Filesの作成)
2011  
zIIP Exploitation
(zIIPへのオフロード)
2008  
MIDAW Exploitation
(DISKに対する効率的なIO処理)
2006  
JOIN Processing
(結合処理)
2004 2009 5年
PAV Exploitation
(Parallel Access Volumeのサポート)
2001  
Direct Db2 Access
(Db2を直接アクセス)
2001  
PARASORT
(複数の入力ファイルを同時に処理)
1999  
Horizontal Arithmetic on OUTREC
(OUTRECの水平演算)
1999 2003 4年
XSUM
(EXCLUDE SUM除外レコード機能)
1996  
PipeSort
(PipeSort)
1994  
Global DSM
(効率的なメモリ管理)
1992  
Data Space Exploitation
(データスペース開発)
1989 1992 3年
SAS PROC SORT Replacement
(SAS PROC SORTの変換)
1989  
Variable/Fixed Conversion
(可変/固定の変更)
1989 1995 6年
Incremental DYNALLOC
(必要時に必要な分のSPACE使用)
1985  
Multiple Output
(マルチ出力)
1983 1991 8年
Report Writing
(レポート作成)
1983 1995 12年
MAXSORT
(巨大レコードを処理するSyncsort独自の機能)
1979  
IEBGENER Replacement
(IEBGENERの変換)
1979 1987 8年
INREC
(INREC)
1979 1983 4年
INCLUDE/OMIT, SUM, OUTREC
(保有/省略、合計、OUTREC)
1977 1983 6年
COBOL Exits
(COBOL出口)
1976 1985 9年
EXCPVR
(EXCPVR)
1975 1988 13年