株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

日中オンラインに多くの時間を割くようになった現在、ミッションクリティカルなバッチ処理に対して、正確な障害把握やバッチウィンドウ短縮が求めらており、スケジューラー情報の可視化が増々重要になってきています。

JOBNET/Graph for A-AUTOは、日本を代表するバッチスケジューラーA-AUTOのスケジュール情報を、見やすくグラフ表示し、スケジュール担当者、業務担当者が抱える問題を解決します。A-AUTO定義(サブスケジュールマスタ、ネットワークマスタ)から描画データを生成し、WindowsPCクライアントでジョブフロー、ネットワークフローを様々な角度から分析できるツールです。10万件を超えるスケジュール情報でもスムーズに分析できます。

主な機能

フローの可視化

全件もしくは、条件付(特定ネットワーク、システム、時間起動など)、先行/後続、開始/終了の2点間描画といった、様々な条件で描画できます。

 

描画したフロー内の表示項目は変更することができます。例えば、以下のような項目の表示/非表示を変更することができます。

 ジョブネット図の描画

  • ネットワーク名
  • ジョブ番号
  • ジョブ名
  • スタート時刻
  • システム・クオリファイヤ
  • ネットワークプライオリティ
  • 実績スタート時刻
  • 実績エンド時刻
  • 実績経過時間
 

 ネットワーク図の描画

  • ネットワーク名
  • システム・クオリファイヤ
  • ネットワーク略称
  • ホリデーID
  • 処理サイクル
  • 実行区分
  • リターンコード

 

描画結果から、さらに、該当のジョブやネットワークから特定条件のみの描画できるため、必要な情報まで絞り込むことができます。例えば特定のネットワークから後続を検索し、抽出、リスト化し、TEXT、HTML、Excel、Wordへ出力が可能です。障害発生時の後続処理の把握などに役立ちます。


クリティカルパスの検索

クリティカル・パスとは、Batchウィンドウの中でもっとも処理時間を要したJOB実行パスのことです。このクリティカル・パスを改善することがBatchウィンドウ短縮へつながります。JOBNET/Graph for A-AUTOはスケジューリングされたBatchジョブフローを視覚化し、クリティカル・パスを提示します。

該当箇所が指定した色でマーキングされます


文書化

検索結果を出力することができますので、社内の情報連携や二次加工を行うことができます。

  • リスト  HTML、TEXT
  • フロー図 PDF、JPG、PNG、GIF、VMF、BMP

その他の機能

  • テキスト化
  • ループの検知
  • 冗長化リンクの分析

導入効果

  • スケジュール登録・管理精度の向上
  • ジョブフローのドキュメント化工数削減
  • バッチジョブ障害時の影響調査時間の短縮
  • 合併、統合時の調査/確認工数の短縮、精度向上

動作環境

  • OS:z/OS
  • A-AUTO:V6.0
  • Windows:現在、Microsoft社がサポートしているWindows OS

関連製品

XINFOメインフレームにある様々な資源を可視化します。プログラムの親子関係やJCL、スケジューラー情報などGUI画面を通して分析できますので、開発効率化に貢献します。
IWS/Graph世界150か国で採用されるIWS描画ツール。IBM社のIWS情報からフロー、クリティカル・パスを分析し、バッチ処理の分析に役立ちます。
IWS/WebAdmin for Distributedメインフレーム版もしくは、分散版のIBM Workload Scheduler(Tivoli Workload Scheduler)を運用管理するために使用可能なインターフェースを提供します。Webブラウザー・ベースのインターフェースを通し、業務分析ためのレポートやリアルタイムのモニター機能などを提供し、業務効率化に貢献します。