株式会社ソフトプレックスは、IBMメインフレーム向けのユニークなソフトウェア製品の販売およびサービスを提供しています。

Universal Data Manager(UDM)は、ストレージ環境のグローバル・ビューによって、監査、モニター、
レポート作成などのストレージ管理業務を簡素化します。

以下項目の管理が可能です。

・テープ・ロボットおよびテープ・カタログ
・DFSMShsm
・CA-Disk
・ICFカタログ
・DASDボリューム
・DFSMSオブジェクト
・スプールデータ

また複数の環境のストレージ管理を一か所にまとめ、集中的に行うことが出来ます。

GUI

システムをプロアクティブに監視し、要求に応じてタスクを実行

自動的にシステムを監視および維持し、さらに分析するためにシステムに関する履歴情報を収集

Automation インターフェース

z/OSストレージ環境の管理を自動化します

事前の定義に沿って監視、通知、又は特定のアクション(TSOコマンド、JOB実行)を自動的に行います

・コマンド、JCLデッキ、レポート生成の自動化

・z/OSコンソール・メッセージを判別してアクションを実行

・個々のオブジェクト、ストレージグループ、およびカタログを監視

・指定した条件が満たされたときにアクションを実行

特定の時間

特定の間隔

特定のジョブの完了後

特定のz/OSコンソール・メッセージ発行時

・条件を設定して自動的に通知、コマンド発行、JOB実行を行う

Report インターフェース

z/OSシステム内のストレージ情報をレポートとして提供します

・リアルタイムな情報をレポート化

z/OSストレージ・サブシステムのすべての側面をヒストリカルかつ一元的に報告

・レポートの種類

以下の項目に関連したレポートを作成します

・ICFカタログ

・DASD

・DFSMS、DFSMShsm

・FDRABR

・スペース情報サマリー

・スプール、WTORs

・システム情報

・テープ

・Unixシステム情報

・CA-Disk

Excel、CSV形式へのエクスポート

UDM 導入効果

ストレージの集中管理による作業工数の削減

・シスプレックスなどの複数環境のストレージ情報を一元管理することで、

 各環境ごとにかかっていた作業工数を削減

ストレージ環境の健全化

・ツールを活用することでストレージ管理を効率化、恒常化し、

 スペース不足などのストレージ関連のエラーを抑止する

・HSMエラーに関するコンソールメッセージにアラートを設定することで、

 見過ごされやすいバックアップエラー等に迅速に対応することが出来る

見やすいGUI画面での管理による属人化の解消

・Windows環境で操作できるGUIによって、多岐に亘るストレージ関連情報の収集及び

 管理作業を簡易化し、管理業務の属人化を解消する


UDM Version 3.1 導入要件

バージョン情報 z/OS 2.1 、2.2、2.3
GUI対応OS:Windows7、8、10
システム登録 LOADライブラリのAPF登録
STC登録
セキュリティ要件 OMVSセグメントを付与されたグループ及びユーザー
STARTEDクラスの定義
<UDM製品へのアクセスに必要な権限>
各リソースへのREAD権限を持ったユーザーAC
各リソースへのREAD権限を持ったユーザーAC 8000~65535までの番号から一つAC
(デフォルト:8000)AC

本製品に関するお問い合わせ

下記の入力フォームに必要事項をご記入ください。

貴社名※必須
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号※必須
お問い合わせ内容※必須
ご希望の連絡方法※必須 メール電話Webミーティング

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「上記内容で送信する」ボタンをクリックして下さい。

確認