SmartIPL - SoftPlex

コンテンツに移動します
SmartIPL
IPL時に起こりうるエラーを事前に検知
SmartIPLは、IPL時に起こりうるエラーを事前に検知することができる製品です。
  • IFO:システムパラメータの整合性のチェック
  • TCE:変更管理を行う
  • SAE:IPL失敗時にはMVSが動いていない場合でもリカバリーを可能にする
これらの機能により、IPL障害対策にかかる問題をなくします。
Image FOCUS (IFO) の主な機能

IPLチェック機能
  • PARMLIBメンバーの整合性チェック
  • MVSコマンドで動的に変更したシステムパラメータの内容とPARMLIBの内容を比較
  • z/OSバージョンアップ時のシステムパラメータの整合性チェック
  • JES、VTAM、TCP/IP、CICSのパラメータ整合性チェック

バックアップ機能
  • システムパラメータに変更があった際に、変更前の内容のバックアップを一定間隔で作成
  • バックアップの世代管理が可能

監視機能
  • 事前に定義した間隔で自動的に検査を実行
  • 電子メールを介して、システムパラメータの変更やIPL時のリスクを通知が可能

リカバリー機能
JES、VTAM、TSOを介さずにISPFアプリケーション環境を提供し、IPL失敗時のリカバリーが可能
  • SYSLOGの参照
  • IODFの編集
  • JOBの実行(要JES起動)
  • RACFの定義変更
  • SMP/Eのダイアログ機能

Stand Alone Environment (SAE) の主な機能

アクション機能
  • MVSが動いていなくても、疑似的なISPFエディタを介してシステムデータセットに即時アクセスが可能
  • データセットの作成、編集、参照、名前の変更、保存、削除が可能

バックアップ/リストア機能
  • 取得したバックアップからデータセットまたはボリューム全体の復元機能を提供
  • DFSMSdssおよびFDRボリュームダンプからのデータセット単位のリストアをサポート

ハードウェアチェック機能
  • すべてのI / Oデバイスのステータス、使用可否、およびアドレスを確認可能
The Control Editor (TCE) の主な機能
  • 独立したISPFエディタを提供
  • 指定したデータセットが編集される際に、即座にバックアップを作成し、変更履歴を管理
  • 電子メールを介して、システムパラメータの変更通知が可能
  • IFOと連携し、指定したPARMLIBメンバーの検査が可能
Fast Dasd Erase (FDE) の主な機能
  • 最も完全なDASD消去方法を提供(本機能はオプションです)
SmartIPL構成
IOF
SAE

TCE




システムパラメータの
整合性チェック
IPL障害発生時に、
リカバリー用のスタンド
アロンエディタを提供

データセット及び
動的なシステムパラメータ
登録の変更管理
導入効果
  • IPLの検証を機械的に行うことでヒューマンエラーを回避
  • 万が一IPLを失敗した場合におけるリカバリー作業を短縮
  • システムパラメータの変更を監視することにより整合性を維持
  • 動的に定義したシステムパラメータのPARMLIBへの反映漏れを防止
  • マシンがなくてもz/OSバージョンアップ時における構文の非互換を確認
動作環境
OS:
z/OS V1.7以上
Copyright © SoftPlex All rights reserved.
お問い合わせ
(03) 5614-5821
sales@softplex.co.jp
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41-12
お問い合わせ
営業時間 平日 9:00 - 18:00
定休日  土・日・祝日
コンテンツに戻る