Syncsort MFX、ZPSaver - SoftPlex

コンテンツに移動します
Syncsort MFX、ZPSaver
高パフォーマンスなソートユーティリティ
Syncsort MFX for z/OSは、高パフォーマンスなソートユーティリティです。導入することで、低コストで高速なソート性能とシステムスループットを実現できます。さらに、アドオン製品であるZPSaver Suiteを導入をすることでCPU時間を大幅に削減できます。
Syncsort MFX for z/OS 低コストで高速なソートユーティリティ
Syncsort MFX for z/OSを導入することで、アプリケーションを変更することなく、即時的なコスト削減を実現します。
  • CPU時間を最大40%削減
  • ELAPS時間を最大40%削減
  • SORTWORK不足による異常終了を抑止
ZPSaver Suite zIIPプロセッサへ大幅にオフロードを実現
アドオン製品であるZPSaver Suiteを使用することで、汎用プロセッサにかかるコストのほとんどをzIIPプロセッサへオフロードします。
  • CPU時間を最大99%削減
  • SORT/COPY処理をzIIPへオフロード
  • SMSの圧縮に関する処理をzIIPへオフロード
Syncsortが速い理由

①独自のソートアルゴリズム(効果:CPU、ELAPS時間削減)

②効率的なメモリ管理
JOB実行時のシステム状況や処理内容を考慮して、その都度最適なメモリを動的に割り振ります。
GDSM*1機能を使用するとさらなる効率化が見込まれます。
*1 GDSM機能
常駐タスクを使用して中央ストレージの可用性およびDASDの使用率を継続的に監視することで、最適なソートワークデバイスの選択によってソートおよびシステムのスループットを向上させます。

③効率的なソートワークの利用
DYNALLOC*1機能によってソートワークに最適なスペースを自動で確保します。
使用スペースの削減に加え、スペース不足による異常終了を防ぐことができます。
*1 DYNALLOC機能  SORTWORKの作業スペースが不足した際に自動で追加スペースを割り当て、異常終了を防ぎます。

④最新のI/Oメソッドの活用(効果:ELAPS時間削減)
Syncsortはz/OSの最新のI/OメソッドであるPAV*1、MIDAW*2、zHPF*3をフルに活用することができます。
I/Oの効率化に伴うさらなる性能向上を実現します。
*1 PAV  同一ボリュームに対して並列アクセスを実現し、I/Oにかかる時間を短縮します
*2 MIDAW I/Oに対する命令量を減らし、メモリーとチャネル間でのやりとりを削減します。
*3 zHPF I/O管理の処理をDS8800にオフロードし、処理を高速化します

⑤zIIP機能の活用(option)(効果:CPUのオフロード)
zIIP機能を導入した場合、CPUのオフロードを行うことでSyncsort単体に比べてより高いパフォーマンスを発揮します。
導入効果
  • CPUコストを削減することで、WLCによるMSU課金を削減
  • 夜間バッチの処理時間を短縮、SLAの順守を実現
  • 増加するデータ量に伴うSORTWORK不足の抑止、処理の効率化を実現
導入事例
三井住友カード株式会社
キャッシュレス化により直面した課題「CPU使用量の抑制と処理時間の短縮」
高速処理ソリューションが大きな成果をあげた

Copyright © SoftPlex All rights reserved.
お問い合わせ
(03) 5614-5821
sales@softplex.co.jp
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41-12
お問い合わせ
営業時間 平日 9:00 - 18:00
定休日  土・日・祝日
コンテンツに戻る