VELOCI-Raptor - SoftPlex

コンテンツに移動します
VELOCI-Raptor
JCL、PGMを変更せずにI/Oを最適化するJOB高速化ツール
z/OS環境におけるバッチ遅延対策



VELOCI-Raptorとは
JCL、PGMを変更せずにI/Oを最適化するJOB高速化ソリューション。CPU時間削減ELAPS削減を実現します。
  • JCLやPGMの変更は不要
  • 動的にバッファを最適化しI/Oを効率化し、ELAPS時間、CPU時間を削減
VELOCI-Raptorバッファ最適化
  • VSAM、Non-VSAM(QSAM、BSAM)をサポート
  • データセットの状況に応じて常に最適なバッファ数を選択
  • データセットサイズ
  • データセットの内部構造
  • アプリケーションのアクセス方法
  • バッファは16MB境界(31bit)より上に配置
  • Regionサイズも動的に調整し、バッファサイズ増化に伴うRegion不足によるABENDを抑止
VELOCI-Raptorの仕組み
  • アプリケーションのアクセス方式に合わせて最適なVSAMバッファ方式を動的に選択(NSR/LSR)
    (ランダムアクセス → LSR、順次アクセス  →  NSR)
  • 最適なVSAMバッファカウントを動的に選択しI/O回数(EXCP)を削減
  • VSAMコントロールブロックおよびバッファを16MB境界(31bit)より上に配置
  • バッファサイズを最適化し、単一のI/O要求でより多くのデータをバッファに先読みしELAPS時間を短縮
  • ブロックサイズを動的に最適化し、I/Oを効率化


VELOCI-Raptorの適用方法
  • 簡単なインストールで透過的に実装
  • JCL、PGMの変更は不要
  • VELOCOI-RAPTORのパラメーターで処理対象を選択
    • JOB
    • STEP
    • DD
    • PGM
    • DSN
導入効果
  • VSAMバッチ処理 ELAPS時間最大90%削減
  • QSAMバッチ処理 ELAPS時間最大85%削減
  • BSAMバッチ処理 ELAPS時間最大85%削減
導入メリット
  • MLC削減
  • WLC削減
  • バッチウィンドウ縮小
動作環境
OS
  • z/OS バージョン1.1以降
  • ISPF バージョン3.3以降

システム要件
  • ロードモジュールライブラリーのAPF登録
  • STC登録
  • 約30KBの共通域(CSA)

必要DASD容量
  • 20 CYL程度 (3390タイプ)
  • 製品関連データセットで使用する容量
Copyright © SoftPlex All rights reserved.
お問い合わせ
(03) 5614-5821
sales@softplex.co.jp
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41-12
お問い合わせ
営業時間 平日 9:00 - 18:00
定休日  土・日・祝日
コンテンツに戻る