VTFM-NewGen - SoftPlex

コンテンツに移動します
VTFM-NewGen
z/OS環境で稼働するディスク装置をテープライブラリーにエミュレーション
VTFM-NewGenは高価なハードウェア テープ装置(VTSや物理テープ)を購入することなく、ソフトウェアでテープをエミュレートします。
テープ情報の格納先として通常のメインフレームディスクを使います。仮想テープ運用がソフトウェアのみで実現できるため、ハードウェアや物理メディアにかかるコストを削減できます。DASDをグローバルミラーで災害対策機シンクロナイズしている場合は、テープもそのままシンクロナイズすることができます。
主な機能

仮想テープライブラリー装置としての機能
VTFM-NewGenは、z/OS内で1つのサブシステムとして起動し、仮想テープライブラリー装置として機能します。z/OS上では、複数のVTFM-NewGenのサブシステムが稼働可能で、1つのVTFM-NewGenサブシステムでは最大256台の仮想テープ装置が定義可能です。仮想テープドライブは、3480/3490/3590/3592テープドライブをエミュレーションします。仮想ボリュームの容量は、任意の容量(最大272GB)を使用できます。

e-Vault機能を利用した外部への仮想テープボリューム保管
e-Vault機能を利用すると、蓄積した仮想テープボリュームを外部に展開できます。

Type3オプション
FTPサーバーに向けての仮想テープボリューム保管

Type4オプション
リモートサイトで稼働するVTFM-NewGenサブシステムへの仮想テープボリューム保管

Type6 オプション
Model9を利用した外部プライベートクラウドや、オンプレミス・ストレージへの仮想テープボリューム保管

PAT(Parallel Access Tape)機能
VTFM-NewGenでは、仮想テープボリュームがディスクに格納されていることを生かし、複数ジョブで同一ボリュームを同時にリード処理できるPAT(Parallel Access Tape)機能を提供します。同時アクセス頻度が高いテープボリュームの処理に有効です。

MODEL9との連携機能
MODEL9はメインフレーム向けのクラウドバックアップ/リストア製品です。VTFM-NewGenと連携することで、クラウドストレージやNAS/SANデバイスにデータを保管できます。
VTFM-NewGen処理イメージ

動作環境
OS:
z/OS V1以上
Copyright © SoftPlex All rights reserved.
お問い合わせ
(03) 5614-5821
sales@softplex.co.jp
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41-12
お問い合わせ
営業時間 平日 9:00 - 18:00
定休日  土・日・祝日
コンテンツに戻る